2007年01月19日

喉に麻酔!?星状神経節ブロック注射

花粉症になり、様々な治療を受けて来た私ですが。
今までで一番嫌だった治療と言えば、ズバリ、
ペインクリニックでの星状神経節ブロック注射という治療法です。
元々、ペインクリニックとは「痛みを取る為」のクリニックなのです。
適切な所に麻酔を打つ事で、痛みから解放されるらしいのです。
それが花粉症の治療にも有効という事になったのは、偶然だったそう。
痛みを取る為に来院していた患者さん達が、次々に「花粉症も良くなった」
と報告された事から、花粉症アレルギーにも有効だという事がわかったそう。
花粉症に有効なツボは、喉元・・・星状神経節という所にあり、
喉元に麻酔・・・と聞いてひるみましたが、治りたい一心で、
ペインクリニックの扉を開けました。
続きの前に今日のランキングの順位も見てみて♪ 

覚悟していたとはいえ、喉元に注射・・しかも麻酔と言うのは、
相当怖いものでした・・・。
痛みも、注射の痛み程度と考えていましたが、歯医者で麻酔を打ちますよね?
あのような「ズーン」と来る、何とも嫌な感じが、1回に付き数秒間続きます。
それを3本・・・。
緊張で脂汗が流れました・・・。

ちなみに、星状神経節とは、のど仏を挟んで左右にあり、1日につき、
片方づつしか、星状神経節ブロック注射は出来ません。
なので、最低でも2回で1セット、という事になります。
1セットで治る方もいらっしゃれば、100セットかかる方もいるとか。
「目安は30セットです」と言われました。

さて、星状神経節ブロック注射を行うと、どうなるかと言いますと、
まず、打った側の手のや顔が暖かくなります。
これは血流を上げて、リラックス状態を作っているからなんですって。
目が充血する人もいるようです。

30分程ベットに横になってから帰るのですが、その後の副作用としては、
食べ物が飲み込みにくくなります。
私は2回通いましたが、両方ともなりました。
1時間後にマックで食事をしたら、ポテトが食べられませんでした。

そのうち1回は、ナント声も出なくなりました(ーー;)。
これは、想像以上にオソロシイ体験でした・・・。
星状神経節は、喉に近い為、麻酔液が喉にも流れると
声帯に麻酔がかかってしまう為、時々このようになるのだとか。
聞いてはいても、自分の発する声が自分の意志に関係ないうめき声になって、
もう、心底ビビりました・・・。
病院自体も、私が通っていた所は、あまり心地よさを感じる所ではなかった為
そのまま行かなくなってしまいました。
これが、花粉症の治療の中で、一番嫌だった治療です・・・。

ただ。この星状神経節ブロック注射と言うのは、副交感神経を優位にし、
交感神経が優位になりがちな人の
自律神経のバランスを整えてくれるんですよね。
その事自体には、私はとても可能性を感じているのです。

副交感神経や自律神経といった物が、確かに花粉症
関わっているに違いない・・と思う原因は、また明日にでもお話します。

治療自体は、十分に可能性を持っているけれど、私にとっては、
とっても辛かった星状神経節ブロック注射のお話でした(T-T)。



他の健康人気ブログも見てみる
この記事へのコメント
うう、すさまじいですね。大変だったことがすごく伝わってきます。自律神経のバランスは、私も気をつかっています。深呼吸+鼻呼吸、爪もみ、ストレッチ、食養生が中心です。
Posted by しあわせ at 2007年01月22日 21:00
そうなんです・・・。
これは・・・ツライツライ治療でした(T-T)。
でも・・・自律神経のバランスは、おそらく関係していると思っています。
バランス悪い自覚はあるので・・・。

それと、私も爪もみも試しましたヨ。
なかなか思ったような効果は出ませんが、
少しでも効果がある物があるといいですよね(^-^)。
Posted by 葵→しあわせさん at 2007年01月22日 22:34
はじめまして。
わたしも長年鼻炎に悩まされているのですが、
とても参考になるブログをありがとうございます。
わたしも鼻炎と自律神経の関係には何かあるのではと思っていたので、とても共感しました。
ヨガや呼吸法、簡単な瞑想などをしてリラックスすると症状がとても軽くなるので、よかったらこちらもお試しください('-'*)♪



Posted by mimi at 2008年01月21日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。